ブログ

電子請求受付システムにおけるWindows10への対応等について

「電子請求受付システム」について、かねてから動作保障対象外であったWindows10が動作保障対象となったことによりそれに伴う変更点や対応する必要のある事項がございますのでご留意願います。

1.Windows10の特徴

特徴①:スタートメニュー復活など、すぐに慣れて簡単に利用
特徴②:起動も早く、充実したセキュリティ機能を具備
特徴③:複数のWebブラウザ(Internet Explorer(以下「IE」)とMicrosoft Edge(以下「Edge」))を搭載
特徴④:機能改善、新機能に対する定期的なアップデートが必須

上記特徴のうち、③及び④につきましては、電子請求受付システムにおいて対応が必要となります。

2.EdgeからIEへの変更方法

 <動作保障となるブラウザについて>
Windows8.1以前のOSにおいてはIEが標準のブラウザとして搭載されていましたが、Windows10においては新たにEdgeが標準のブラウザとして搭載されています。電子請求受付システムにおいては、Microsoft社においてサポート対象としているバージョンのIEに対し動作保障対象とし、Edgeについては動作保証対象外とします。
Windows10においては通常EdgeにてWebサイトを利用するよう設定されているため、電子請求受付システムを利用する場合、IEにて利用するよう設定を行う必要があります。

電子請求受付システムをIEにて利用するため、以下のいずれかの手順で設定を行ってください。
クリックすることで手順を表示します。

すべてのWebサイトをIEで利用
電子請求受付システムのみIEで利用

※「東京国民健康保険団体連合会 介護福祉課 障害福祉係」からの事務連絡を抜粋して掲載しています。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る